不動産で資産運用をしよう【売却で富動産へチェンジ】

対応の良さで決める

優良な営業マンとはどんな人のことを言うか

優良な不動産業者には、優良な営業マンがいると言われています。不動産と言う高額な買い物をするのなら、優良な業者の優良な営業マンを選びたいものです。しかし、優良な営業マンとは、どんな言う人のことを言うか分からないと言う人は多いです。 まず、不動産に関する知識が豊富な営業マンを選ぶことが基本になります。しかし、物件などの説明をするとき、専門用語ばかり使ってくる営業マンは避けた方が無難です。また、物件の良い部分しか言ってくれない人もいけませんし、客の要望を無視した物件をすすめてくる営業マンも選ばないことです。 やたら契約を急がせたり、依頼したことの返事が遅いようなら、違う不動産業者に行った方がいいでしょう。

上手に付き合っていくには

不動産業者の営業マンとは長い付き合いになります。営業マンの見極めは大切ではありますが、客側も常に営業マンを採点するような態度ではいけません。また、客の中には営業マンを便利屋のように扱う人がいます。買ってやるのだからと言う態度で営業マンと接するのは一番やってはいけないことです。もちろん、媚びへつらう必要は全くありませんが、上手に付き合っていくことをしっかり考えましょう。それがいい家を買うことができる第一歩です。 また、いい家を紹介してもらいたいなら、自分たちの希望を営業マンに伝えないといけません。営業マンも客の要望が分からなければ、物件を探すことができないからです。物件探しに必須の情報をしっかり伝えましょう。

↑ PAGE TOP